等価交換方式とは、お客さまの土地に、当社がマンションやビルなどの建築物を建築し、完成した建物をお客さまと共同で管理運営してゆく方法の一つです。また税法上のメリットもございますのでこの機会にぜひともお考えになってみてはいかがでしょうか。

等価交換方式

等価交換方式をもう少し分かりやすくご説明いたしますと、お客さまがご自分の所有地にビルやマンションなどの建築をお考えの際、まずお客さまは敷地を提供し、当社は当社の負担で建築物を建設します。
そしてその際〔土地価格/土地価格+建築費総額〕で計算される割合で、お客さまは土地と建築物を分割・取得し、当社と共同事業をすすめることになるわけです。
また、等価交換方式にはお客さまの土地を全部譲渡する方式とお客さまの土地の一部を譲渡する方式の2種類がありますので、ご相談の上お選び下さい。

所有地の全てを譲渡する場合

この方式は、とりあえずお客さまの所有する土地全部を当社に譲渡していただく方式です。そしてその譲渡対価として建築物の一部とその建築物に関係する土地の共有持分を取得することをいいます。
※例えば建築費の総額に対する土地の価格(お客さまの出資比率)が40%とするならば下記のような図式になります。

所有地の一部を譲渡する場合

この場合はお客さまの所有する土地の一部を当社に譲渡していただき、その譲渡価格に相当する建築物の一部をお客さまが取得する方法です。つまり土地の共有持分の一部をお客さまが保留して等価交換を行うものです。
※例えばお客さまが土地の60%を譲渡した場合、下記のような図式になります。

等価交換方式を利用すると譲渡所得税・住民税が繰り延べになります。

土地についての税金は、土地の有効利用の場合に安く、遊休地のようにしている場合には高くかかる仕組みになっています。そして何の策もなくただ土地を売却するのみの場合には、その利益に対して譲渡所得税や住民税などの重い税金がかかってきます。
特に所有していた年月が長いほど土地の値上がり幅が大きいため、利益の大半が税金になってしまう場合が多いようです。
ところが、等価交換方式を利用し、ある一定の条件を満たしていれば、所有地や所有建築物を譲渡(売却)し、その土地に建設されたビルやマンションを取得(購入)した場合は、課税の特例が適応されるので、譲渡価格と取得価格に差がなければ所得がなかったものと見なされ、税金が繰り延べされることがあります。